大阪府枚方市立桜丘小学校の講師の喜野遼容疑者(27)を覚醒剤取締法違反の疑いで緊急逮捕され、児童の受けるショックがとても心配です。

スポンサーリンク

事件の内容

平成29年3月6日に、大阪府枚方市立桜丘小学校の常勤講師で喜野遼容疑者(27)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで緊急逮捕されました。

調べに対して喜野遼容疑者「使用したことに間違いない」と容疑を認めているという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000029-asahi-soci

どういうこと?

天満署によると、喜野容疑者は平成29年2月下旬~3月6日に、喜野遼容疑者が覚醒剤若干量を使用した疑いがあるとして逮捕された事件。

喜野容疑者は平成29年3月6日未明、大阪府大阪市北区の路上で巡回中のパトカーを見て急に走り出したため、不審に思った署員が追いかけて職務質問し、署に任意同行を求めました。

その後の尿の簡易鑑定で陽性反応が出たということで覚せい剤の使用が発覚しました。
今後、入手経路などについても調べる。

枚方市教委によると、喜野容疑者は昨年8月から同小学校に勤務。算数の少人数指導の授業を担当していた。

パトカー見て逃走するという時点でかなり、精神的に危ない状態だったのではないかと心配されます。児童に被害者が出る前に逮捕されることになって良かったと思います。

ですが、児童は先生を尊敬し、信頼しているものなので、このような事件を受けて、児童が受けるショックがとても心配です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする