静岡県南伊豆町の海岸で、小口正幸さん(56)が死亡した事故

スポンサーリンク

事故の概要

2017年9月18日、静岡県南伊豆町の海岸で、東京の56歳の男性が海で浮かんでいるのが見つかり、死亡が確認されました。

警察は男性が泳いでいておぼれたとみて原因を詳しく調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3034045421.html

事故の内容

2017年9月18日午後4時前、静岡県南伊豆町の弓ヶ浜海岸にいた人から「男性が溺れている」という通報が消防にありました。

警察によりますと男性は砂浜から10メートルほど離れたところにうつぶせの状態で浮かんでいて、居合わせた人たちに助けあげられ、救急車で病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。

警察によりますと死亡したのは東京都東大和市に住む会社員の小口正幸さん(56)で、母親と一緒に弓ヶ浜海岸を訪れ、「泳いでくる」と言い残し海に入っていたということです。

気象台によりますと、当時の現場付近の海には台風18号の影響によるうねりも残っていたということで、警察は小口さんがおぼれたとみて原因を詳しく調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする