少女(16)に体液をかけた三重県伊賀市の職員の竹内顕容疑者(27)が逮捕される

スポンサーリンク

事件の概要

2017年7月18日に、三重県伊賀市のリサイクルショップで、16歳の少女に自分の体液をかけたとして強制わいせつなどの疑いで、三重県伊賀市の職員で保育士の竹内顕容疑者(27)が逮捕されました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/3073305891.html

事件の内容

警察の調べによりますと、竹内容疑者は伊賀市のリサイクルショップで、16歳の少女の太ももやショートパンツに自分の体液をかけたとして強制わいせつなどの疑いが持たれています。

警察によりますと、当時、少女はリサイクルショップに買い物に来ていて、体液をかけられた直後に竹内容疑者が逃げていく様子を見たということです。

警察は少女や近くにいた人の目撃情報などから竹内容疑者を2017年8月24日に逮捕しました。

調べに対し、竹内容疑者は「若い女の子が好きで、我慢できなくなった」などと容疑を認めているということです。

伊賀市健康福祉部は「市民にご心配をかけて申し訳なく思っています。詳しい情報が入っていないので事実も含めて確認していきたい」とコメントしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする