新潟県粟島浦村の海水浴場で、石山貞治さん(51)が溺死した事故

スポンサーリンク

事故の概要

2017年8月13日午後、新潟県粟島浦村の海水浴場で、山形県山形市の自営業の石山貞治さん(51)が浮いているのが見つかり、その後死亡が確認されました。

海上保安部は、男性が海水浴をしていて溺れたものとみて調べています。

事故の内容

2017年8月13日正午すぎ、新潟県粟島浦村の内浦海水浴場から「男性が浮いている」と通報があり、警察と海上保安部などが海岸の波消しブロックの近くで男性を救助しましたが、その後死亡が確認されました。

死亡したのは山形市の自営業、石山貞治さん(51)で、海上保安部によりますと石山さんは13日、知り合いの8人と一緒に海水浴場を訪れていたということです。

海上保安部は、石山さんが海水浴をしていて溺れたものとみて詳しい状況を調べています。
粟島浦村がある日本海の粟島は、この時期、多くの海水浴客でにぎわっています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする