岩手県盛岡市の認可外の保育施設で、生後12か月の乳児に食塩を入れた液体を飲ませて死亡させた吉田直子容疑者(33)を逮捕

スポンサーリンク

2015年8月に岩手県盛岡市の認可外の保育施設で、当時生後12か月の乳児に食塩を入れた液体を飲ませて死亡させたとして、施設を経営していた女が傷害致死の疑いで警察に逮捕されました。

逮捕されたのは、岩手県盛岡市北飯岡のパート従業員の吉田直子容疑者(33)です。

警察の調べに対して、吉田直子容疑者は「危害を加えるつもりはなかった」と述べ、容疑を一部否認しているということです。

事件の内容について

吉田容疑者は、2015年8月に岩手県盛岡市菜園で経営していた認可外の保育施設、「スマイルキッズ」で、施設に預けられていた下坂彩心ちゃん(当時生後12か月)に食塩を入れた液体を飲ませて死亡させたとして、傷害致死の疑いが持たれています。

調べに対して吉田容疑者は、「食塩を入れた液体を飲ませたことは認めるが、危害を加えるつもりはなかった」と述べ、容疑を一部否認しているということです。

警察によりますと、事件当時、施設に預けられていた子どもは彩心ちゃんだけで、吉田容疑者が1人で勤務していたということです。

出来たばかりの保育施設があっというまに閉鎖

岩手県盛岡市によりますと、吉田容疑者が経営していた認可外の保育施設は、事件の1か月前に開所したばかりでしたが、事件の直後に突然、閉所したということです。

警察は、吉田容疑者がなぜ食塩を入れた液体を彩心ちゃんに飲ませたかなど、死亡に至った詳しい経緯を調べています。

亡くなった彩心ちゃんの両親はコメントを発表し、「私たちは、この2年間、娘を失ったことの哀しみと言葉に言い表すことができない怒りと辛さを味わってきました。

関係者の逮捕でようやく真実が明らかになる道が開けました。これからは司法の場であの日のことを明らかにしていってほしいです」と今の心境を明らかにしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする