愛知県常滑市大野町の大野海水浴場で安永充さん(58)が溺死した事故

スポンサーリンク

2017年7月8日午後4時5分ごろ、愛知県常滑市大野町の大野海水浴場に来ていた男性から「友人が波にさらわれて見えなくなった」と110番がありました。

県警常滑署員や海上保安庁のダイバーが捜索し、約1時間半後に約30メートル沖合の海中で愛知県名古屋市西区栄生に住む会社員の安永充さん(58)を発見され、病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

事故の状況について

常滑署によると、死因は溺死ということで、安永さんは友人らと計5人で大野海水浴場に訪れていて、海水浴やバーベキューを楽しんでいたということでした。

缶ビール3、4本を飲んだ後、友人の子の男児(11)を連れて海に入り、波にさらわれたということです。男児は近くにいた人に助けられて無事でした。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする