宮城県栗原市瀬峰休耕田でトラクターの下敷きになり、高橋廣雄さん(79)が死亡

スポンサーリンク

2017年7月8日午前、宮城県栗原市休耕田で男性(79)がトラクターの下敷きになって死亡しているのが見つかりました。

事故の内容

2017年7月8日正午すぎ、宮城県栗原市瀬峰休耕田で「家族がトラクターの下敷きになっている」と消防に通報がありました。

警察によりますと、下敷きになっていたのは近くに住む農家の高橋廣雄さん(79)で、警察や消防が現場に駆けつけた際にはすでに死亡していたということです。

高橋さんは2017年7月7日の朝以降に自宅を出てから夕方になっても戻らず、家族が捜していたところ、翌日8日昼前に高橋さんの畑の近くで見つけたということです。

高橋さんはうつぶせの状態でトラクターの下敷きになっていたということで、高橋さんが自宅からトラクターで畑に向かう途中に横転して、トラクターの下敷きになったとみて事故の原因を調べています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする