長崎市赤首町の国道202号線でバイクと乗用車が衝突し、橋本純敏さん(56)が死亡

スポンサーリンク

2017年7月2日午後、長崎県長崎市の国道で、バイクと乗用車が衝突し、バイクに乗っていた56歳の男性が死亡しました。

事故の内容

2017年7月2日午後2時半ごろ、長崎市赤首町の国道202号線で、バイクと対向して走ってきた乗用車が衝突しました。

この事故で、バイクは大きく壊れ、運転していた佐世保市鹿子前町の橋本純敏さん(56)が全身を強く打って病院に搬送されましたが、およそ1時間後に死亡しました。
乗用車に乗っていた3人にケガはないということです。

現場はカーブが連続する片側1車線の道路で、事故が起きた場所はバイクの進行方向に向かって左にカーブしているところだということです。

警察の調べによりますと、亡くなった橋本さんは仲間とともにオートバイでツーリングをしていたということです。

警察では、現場の状況などから、バイクが対向車線をはみ出して自動車と衝突したものとみて、事故の詳しい原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする