愛媛県大洲市の国道でトラックと乗用車が正面衝突する事故

スポンサーリンク

事故の概要

2017年6月26日午後、愛媛県大洲市の国道でトラックと乗用車が正面衝突する事故があり、乗用車を運転していた内子町の62歳の男性が死亡しました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20170626/4605351.html

事故の内容

26日午後3時15分ごろ、大洲市長浜の国道378号で、対向して走行していた中型トラックと乗用車が正面衝突しました。

この事故で、乗用車を運転していた内子町村前の大宮靖範さん(62)が全身を強く打ち、大洲市内の病院に運ばれて手当てを受けていましたが、およそ2時間後に死亡しました。
トラックの運転手にけがはありませんでした。
現場は、JR予讃線の伊予長浜駅近くの片側1車線の直線道路です。
警察によりますと、事故は、トラックが走行していた側の車線で起きていて、警察で詳しい原因を調べています。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする