宮城県大河原町の小学校でプールから出た塩素ガスを吸った教諭が入院

スポンサーリンク

事件の概要

2017年6月27日午前7時40分ごろ、宮城県大河原町の小学校でプールの水を消毒しようとしていた教諭が作業を誤り、塩素ガスが発生しました。警察によりますと、教諭はガスを吸って病院に運ばれ、念のため入院するということです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20170627/4624551.html

事件の内容

27日朝7時40分ごろ、大河原町にある大河原小学校のプールに隣接する機械室で、35歳の教諭が水を消毒しようとタンクに薬剤を入れたところ、塩素ガスが発生しました。
警察によりますと、教諭はガスを吸って病院に運ばれ、念のため入院するということです。
当時、プール周辺に児童やほかの教諭はいませんでした。

警察によりますと、機械室には消毒薬と水の汚れを取り除く薬品を入れる2つのタンクがありますが、教諭が誤って消毒薬を別のタンクに入れたため塩素ガスが発生したということです。
この小学校によりますと、学校では2017年6月21日にプールの機械室に新しい機械を導入したばかりで、この教諭が扱うのは初めてだったということです。
大河原小学校の杉山義隆教頭は「今後、職員で研修を行ってこのような事故が2度と起きないよう再発防止に努めたい」と話しています。

教諭が一日も早く回復する事を心より願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする