藤森宣宏容疑者(45)が出会い系サイトで知り合った少女を連れまわし、逮捕

スポンサーリンク

出会い系サイトを通じて知り合った10代の少女を約5時間にわたって連れ回したとして、北海道江別市大麻園町に住む会社員の藤森宣宏容疑者(45)が未成年者誘拐の疑いで警察に逮捕されました。

事件の内容

警察の調べによりますと、藤森容疑者は2017年6月24日夜9時ごろ、インターネットの出会い系サイトを通じて室蘭市に住む10代の少女と札幌市営地下鉄東豊線の駅で待ち合わせをし、未成年と知りながら約5時間にわたって連れ回した疑いが持たれています。

この少女から青森県警あてに「札幌市白石区のホテルにいる」という内容のメールが届いたことから警察官が駆けつけ、その場で藤森容疑者を逮捕したということです。

調べに対して、「10代だとわかっていて連れ回した」と容疑を認めているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

少女にけがはありませんでした。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170625/4570721.html

未成年者略取及び誘拐罪(刑法224条)

拐取の対象が未成年であることが要件である。
法定刑は3月以上7年以下の懲役。

営利目的等略取及び誘拐罪(刑法225条)

営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的があることが要件である。法定刑は1年以上10年以下の懲役。

出会い系サイトで知り合ったという事から、わいせつ目的であった可能性もあり、その場合には法定刑は最長10年になることもあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする