福岡県大牟田市のJR線の踏切で、男子児童が特急電車にはねられ事故死

スポンサーリンク

2017年6月18日午前6時40分ごろ、福岡県大牟田市のJR線の踏切で、小学生と見られる男の子が特急にはねられて死亡する事故がありました。

警察では男子の身元の確認を進めるとともに詳しい状況を調べています。

事件の内容

2017年6月18日午前6時40分ごろ、福岡県大牟田市旭町のJR鹿児島線の踏切で、長洲発博多行きの上りの特急、有明2号が小学生と見られる男子をはねた事故で、はねられた男子児童はその場で死亡が確認されました。

JR九州によりますと、特急には乗客など10人ほどが乗っていましたが、けが人はいませんでした。

現場は大牟田駅から1キロほどのところにある踏切で、警報器も遮断機もあり正常に作動していたということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする