県立高校の教諭(47)が飲酒運転して車を運転して物損事故を起こし、書類送検される。

スポンサーリンク

事故の概要

南信地方の県立高校の教諭(47)が飲酒運転して車を運転して物損事故を起こし、書類送検されていたことが明らかにされました。

事件の内容

県教育委員会によりますと、道路交通法違反の疑いで書類送検されたのは南信地方の県立高校に勤務する47歳の男性教諭です。
2017年5月23日の夜、飲食店で酒を飲んだあと自家用車を運転し、道路脇の縁石に乗り上げる物損事故を起こしました。

原山教育長は「綱紀粛正に取り組んでいる中で考えられない」とし、今後厳正に処分するとしています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00306587-sbcv-l20

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする