青森県内のアパートに忍び込み、現金を盗み、女性に乱暴した幹部自衛官谷尚弓2等空尉(28)を懲戒免職

スポンサーリンク

事件の概要

青森県内のアパートに忍び込み、現金を盗んだ上、女性に乱暴したとして起訴された28歳の幹部自衛官について、航空自衛隊は、2017年6月13日付けで、懲戒免職としました。
懲戒免職となったのは、航空自衛隊三沢基地の第3航空団に所属する谷尚弓2等空尉です。

事件の内容

起訴状によりますと、谷2等空尉は、2017年4月に30代の女性が住む県内のアパートの部屋に忍び込み、現金を盗んだ上、帰宅した女性の手足を縛って脅迫や乱暴をした事件。これまでの調べに対し、谷2等空尉は「借金があった」などと供述し、容疑を認めています。

航空自衛隊三沢基地の今城弘治司令は、「基地に所属する隊員が法令をやぶり、一般市民を傷つけたことは誠に遺憾だ。被害に遭われた方の心身の回復をお祈り申し上げると共に、今後一層の服務指導に努め、厳正な規律維持に万全を期す所存です」と話しています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6084210271.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする