奈良県吉野郡川上村で渓流釣りに行き、日下部敏光さん(69)が滑落死した事故

スポンサーリンク

事故の概要

2017年6月10日、奈良県吉野郡川上村で、渓流釣りに出かけたまま行方がわからなくなっていた60代の男性が、10日、登山道の脇の斜面で遺体で見つかりました。

亡くなったのは奈良県桜井市狛に住む大工の日下部敏光さん(69)です。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2054158441.html

事故の内容

警察によりますと、日下部さんは、2017年6月8日の朝に、家族に「渓流釣りに行く」と言って1人で出かけたまま帰宅せず、行方がわからなくなっていました。

警察などは、川上村上多古の勝負塚山の登山口近くに日下部さんの車が止められていたことから、遭難した恐れがあるとして捜索を続けていましたが、10日午後1時40分ごろ、登山道の脇の斜面で日下部さんが倒れて死亡しているのが見つかりました。

現場の状況などから、警察は、日下部さんが登山道から滑落したとみて、調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする