【続報:発見】北海道札幌市南区の中山峠の近くに山菜採りに出かけた幕田淳二さん(63)が行方不明

スポンサーリンク

事故の概要

2017年6月11日、北海道札幌市南区の中山峠の近くに山菜採りに出かけた63歳の男性の行方がわからなくなり、警察と消防が12日朝から現場周辺を捜索しています。
行方がわからなくなっているのは北海道札幌市厚別区上野幌の自営業の幕田淳二さん(63)です。

2017年6月12日に警察と消防が40人体勢で捜索したところ、車から100mほど離れた場所でうずくまるようにして倒れていた幕田さんを発見しましたが、既に亡くなれれていました。

内容について

警察によりますと、幕田さんは2017年6月11日午前3時ごろ、家族に「中山峠にタケノコ採りに行く」と伝えて1人で出かけましたが、帰宅するはずの時間になっても自宅に戻らず、携帯電話にも出ないことから、夕方になって家族が警察に届け出ました。

警察が中山峠の周辺を捜索したところ、11日午後7時すぎ、札幌市南区の国道230号線の脇を通る林道に幕田さんの車が止めてあるのが見つかりました。

翌日12日に車から100mほど離れた場所でうずくまるようにして倒れていた幕田さんが発見されましたが、既に亡くなっていました。滑落の跡や外傷はないということです。

警察では詳しい死因を調べることになりました。

この事故について

札幌近郊ではあちこちでヒグマの発見報告が相次いでおり、この時期がヒグマの発情期にあたり、強いオス熊から追い出されたヒグマが普段現れない場所に出てくる時期であるとも言われていますので少し心配です。

事故に巻き込まれず、元気な姿で発見されることを願っています。

参考文献:http://www.uhb.jp/news/?id=2016

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする