北海道札幌市豊平区平岸2条の「セイコーマート平岸2条店」でコンビニ強盗

スポンサーリンク

事件の概要

2017年6月11日夜、北海道札幌市豊平区のコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り、現金およそ10万円を奪って逃げる事件がありました。警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。

事件の内容

2017年6月11日午後8時半前、北海道札幌市豊平区平岸2条の「セイコーマート平岸2条店」に男が押し入り、従業員の10代の男性にカッターナイフを見せて「金を出せ」と脅しました。男はレジから店の売り上げ金およそ10万円を奪い、そのまま逃走しました。
当時、店内に客はおらず、従業員の男性にけがはありませんでした。

警察によりますと、逃げた男は年齢が50代から60代、身長が1メートル65センチから70センチくらいで、白っぽいジャンパーと黒っぽいズボンを身につけ、髪は白髪交じりだったということです。

現場は地下鉄南北線の平岸駅から200メートルあまり離れた住宅地で、警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170612/4176631.html

この事件について

通常コンビニ強盗は深夜人気がいない時に発生するものですが、この事件は午後8時とまだ客が多い時間帯で起きています。事件当時は北海道ではYOSAKOIソーラン祭りの審査発表がされていた天神が優勝したときで、札幌市が盛り上がってた時間帯でした。

まだ人通りも多い時間なので、コンビニからの脱走後は人ごみに紛れて隠れるつもりだったのかもしれません。

犯人が逮捕されることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする