京都府綾部市で、少年が運転する軽乗用車が対向車線にはみ出し、軽ワゴン車と正面衝突

スポンサーリンク

交通事故の概要

2017年6月10日午前6時半ごろ京都府綾部市での交通事故

少年(18)が運転する軽乗用車が対向車線にはみだし、正面衝突した事故

巻き込まれた軽ワゴン車の男性運転手(42)と少年のいずれも軽傷

事故の内容

白い軽ワゴン車が京都府綾部市の国道を走っていると、次の瞬間、反対車線を走っていたシルバーの軽乗用車がセンターラインを大きくはみ出し、軽ワゴン車と正面衝突しました。

事故があったのは10日午前6時半ごろで、警察によりますと、軽乗用車を運転していた18歳の少年と軽ワゴン車を運転していた42歳の男性は、いずれも軽傷だということです。

警察は、少年がハンドル操作を誤ったとみて事故の原因を調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170610-00000038-ann-soci

ドライブレコーダーでの事故の様子がクリアに映っていて、正面衝突を回避するために、白い軽ワゴン車がガードレールぎりぎりまで寄せてかわそうとしているのが伺えて、回避行動を十分とってでの事故になっているため、少年側の過失が100%になると思います。

交通事故でよくもめる過失割合を決める示談交渉でも、ドラレコの情報提供で揉める要素が大きく減るので、女性や気の弱い方には本当にありがたいものになりますね。

怪我をされた方が一日でも早く回復することを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする