福岡県宗像市でカッターナイフを使うタクシー強盗が発生

スポンサーリンク

概要について

2017年6月8日午後11時過ぎに、福岡県宗像市でタクシー強盗が発生した事件。

68歳のタクシー運転手をカッターナイフのような刃物で脅され、現金24,000円の入った袋を奪われたということです。

怪我人は出ておらず、警察は強盗事件として捜査しています。

事件の内容

2017年6月8日午後11時35分ごろ、68歳のタクシー運転手の男性が福岡市東区のコンビニエンスストアで客を乗せ、宗像市日の里付近を走行中、客の男にカッターナイフのような刃物を突きつけられて「金を出せ」と脅された事件。

現金およそ2万4000円が入った袋を奪われました。

男は福津市若木台2丁目の路上でタクシーを停車させ、南西の方面に走って逃げたということです。運転手の男性にけがはありませんでした。

警察によりますと、逃げた男は、年齢が20代とみられ、身長は1メートル70センチくらい、がっちりとした体格で、めがねとマスクをつけていたということです。
警察は強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。

引用元:

http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20170609/4119091.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする