大海ビルドと山田哲也代表(47)が脱税の容疑で国税局より告発される。

スポンサーリンク

概要

首都圏で商業施設などの解体工事を請け負っている千葉県の業者が、法人税や消費税など8000万円あまりを脱税したとして、東京国税局から告発される事件がありました。

告発されたのは千葉県市川市の解体工事会社、「大海ビルド」と山田哲也代表(47)です。

事件の内容

脱税容疑で告発された会社は首都圏で商業施設などの解体工事を請け負っている業者で、取引先に作業員の数を増やしたうその請求書をつくらせて外注費を過大計上していたり、また従業員への給与の支払いを外注費に装うことで、消費税の控除額を増やしていたということです。

2015年までの3年間に法人税や消費税などあわせて8000万円あまりを脱税したとして、東京国税局は会社と山田代表を法人税法違反などの疑いで千葉地方検察庁に告発しました。

関係者によりますと、山田代表は脱税資金を個人的な遊興費などにあてていたということです。取材に対して、山田代表は「ここ数年、売上高が急増したので外注費を水増し不正に資金を得ていた。すでに修正申告して一部は納税した」としています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1086084761.html

この事件について

中小企業の消費税の納税額は、今回の事件のような売上高だけで納税額が計算できる簡易課税を適用しないのであれば、ざっくりいうと人件費+利益の合計額の8%になります。
そのため従業員の給与を外注費の様に装うのはよく聞く方法と言えます。

人件費と連動して上昇する消費税や社会保険料については、安易に行わないで専門家に相談して合法な節税や節約をすることが大事です。最近では研究が進み、本当にいろいろな方法が出てきています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする