秋田県横手市中心部にある横手城南高校の近くでクマの目撃情報

スポンサーリンク

概要

2017年6月8日午後1時過ぎに、秋田県横手市中心部にある横手城南高校の近くで「クマを目撃した」という情報が寄せられ、警察が注意を呼びかけています。県内では2017年になってから2017年6月7日までの期間にクマを目撃情報が171件寄せられ、去年より24件少ないものの、凄い件数になっています。

内容について

8日午後1時すぎ、秋田県横手市根岸町の横手城南高校の教員から「クマ1頭が高校の東側の斜面を上っていた」と警察に通報がありました。

警察が周辺を調べたところ、クマの姿や足跡などは確認できませんでしたが、教員によりますと、クマは斜面を登って高校の東側にある横手城方面に向かったということです。

高校はJR横手駅から北におよそ1キロ離れた市の中心部にあり、近くには公共施設や商店、公園などがあって人通りの多い地域です。このため、横手市と警察は周辺をパトロールしたり、看板を設置したりして注意を呼びかけています。

秋田県内では、山でクマに襲われたとみられる女性が死亡するなど被害が相次いでいます。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/6014100811.html

このニュースの考察

高校の東側が生い茂った森になっており、緑のある素晴らしい環境に見えましたが、そこにクマが現れては本当に恐怖です。

クマは最近ではヒトの住む地域と近い場所での目撃情報が頻繁に報告されており、被害に巻き込まれないか本当に心配です。お弁当の残り物などをクマが見つけて食べてしまうと、その場所には熊は出没しやすくなるとも言われているため、目撃情報があったエリアではゴミの管理を含めてきちんとした対応を取る必要性を感じます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする