浅野川中学校のグラウンドで、2年生の男子生徒が野球部の練習で倒れ、死亡した事故

スポンサーリンク

概要

2017年6月6日夕方、石川県金沢市の中学校で野球部の練習に参加していた2年生の男子生徒が走っている途中に突然倒れ、病院に運ばれましたが、翌日2017年6月7日になって死亡しました。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3024076501.html

画像出典:浅野川中学校公式ホームページ

事故の内容

事故の背景

金沢市教育委員会などによりますと2017年6月6日午後6時40分ごろ、金沢市の浅野川中学校のグラウンドで、2年生の男子生徒が野球部の練習で走っている最中に突然、倒れました。

居合わせた顧問の教員や連絡を受けた養護教諭が男子生徒にAEDを使ったり人工呼吸をしたりして心肺蘇生を試したあと、救急車で市内の病院に運びましたが、男子生徒は意識を回復しないまま2017年6月7日午前10時40分すぎに死亡しました。

練習内容

野球部の練習は6日午後4時過ぎから行われていて、男子生徒は自分のペースで10分間にわたって走り続ける最後のメニューを行っていたいうことです。

金沢市教育員会によりますと、練習には顧問2人が立ち会っていて、男子生徒に持病はなく、春の健康診断でも異常は見られず、練習前にも不調は訴えていなかったということです。

また、当時の気温は22度ほどで、熱中症の疑いも考えにくいということで、金沢市教育委員会が顧問などに話を聞くなどして詳しい原因を調べています

この事故について

その日最後の練習メニューである10分間走を行っていた際に、2年生の男子生徒が突然、うつぶせで倒れたという事故。部活動には顧問2人が立ちあっていて、養護教諭とともに心肺蘇生を試み15分後に到着した救急車で生徒は病院へ運ばれたということです。

教育委員会は男子生徒に持病はなく、学校による当日朝の体調確認でも問題はなかったとしています。また、当時の天気は晴れ、気温は22度で、水分補給も適度に行われていたと説明しています。

男子生徒は午後4時過ぎから練習を始め、約2時間半後に最後のメニューとなる10分間走の途中で倒れたということです。浅野川中学校の佐々木清嗣校長は、「両親のことを思うと言葉にならない」とコメントしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする