岐阜市の女子高校生が路線バスで髪を焼かれた事件

スポンサーリンク

概要

2017年6月6日夕方にJR岐阜駅で乗った路線バスの中で、岐阜県岐阜市の女子高校生から、「男に髪を焼かれた」と警察に届け出があり、警察は暴行の疑いで調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3084051051.html

事件の内容

事件があったのは2017年6月6日夕方に、岐阜県岐阜市に住む15歳の高校1年の女子生徒が母親とともに自宅近くの交番を訪れ、「JR岐阜駅で乗った路線バスの中で男に髪を焼かれた」と届け出ました。

女子生徒は後頭部の部分の髪の毛先が2センチほど焼けていて、「午後3時半ごろ、JR岐阜駅から自宅方面に向かうバスの後ろから2列目の座席に座っていたところ『ジュッ』という音と髪が焼けるような臭いがしたため、後頭部を触ると髪が焼けていた」と話しているということです。

犯人の特徴

女子生徒の左斜め後ろの座席に30代ぐらいの男が座っていて、約5分後に近くのバス停でバスを降りたと話していて、中肉で髪は短く、眼鏡をかけ、オレンジ色のTシャツに黒いリュックを背負っていたということです。

警察は暴行の疑いで車内の防犯カメラの映像を確認するなどして調べています。

この事故について

バスの中に設置している防犯カメラの映像もあるという事から、映像が公開されれば近くに住んでいるであろうと思われる犯人は、逮捕まで時間がかからないと思われます。犯人には逮捕されるのではなく、出頭して謝罪して欲しいものと思います。

事件直後に、どうしていいかわからなくて困惑している少女に対して、遊び心でいたずらしたような事件であり、本当に残念です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする