岡山市南区の「ローソン岡山新保店」に強盗が入り現金3万円を持って逃走

スポンサーリンク

6日朝早く、岡山市南区のコンビニエンスストアに男が押し入り、店員にカッターナイフのようなものを突きつけて脅し、現金約3万円を奪って逃げました。店員にけがはなく、警察が強盗事件として捜査しています。

事件の内容

2017年6月6日午前4時半ごろ、岡山県岡山市南区新保の「ローソン岡山新保店」に男が押し入りました。

警察によりますと、男はレジにいた男性の店員にカッターナイフのようなものを突きつけて「動くな、金を出せ」などと脅し、レジから現金約3万円を奪って走って北の方向へ逃げたということです。

店内に客はおらず、2人いた店員にもけがはありませんでした。

逃げた男は年齢が20代から30代くらい、身長180センチくらいの細身で、黒っぽい上下の服にマスクと手袋をしていたということです。

警察は、強盗事件として防犯カメラの映像を調べるなど捜査しています。
現場はJR宇野線の備前西市駅から東へ1キロあまりの住宅街です。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024021461.html

コンビニ強盗は多いのですが、罪の重さについて理解している方が少ないように思えてなりません。金額が3万円程度であっても強盗の場合、特に凶器を利用しての犯行はかなり重い罪になる傾向にあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする