宮城県登米市の交差点で軽乗用車が車や自転車に次々と当たりまくる事故

スポンサーリンク

2017年6月6日午前、宮城県登米市の交差点で軽乗用車が横断歩道を渡っていた自転車にぶつかったあと、歩道に乗り上げて別の自転車や車に次々と衝突する事故がありました。

この事故であわせて5人がけがをしました。

警察は軽乗用車を運転していた64歳の女性から話を聞き事故の詳しい状況を調べています。

事故の内容

2017年6月6日午前11時半ごろ、宮城県登米市南方町新島前の県道のT字路交差点で、軽乗用車が右折した際に横断歩道を渡っていた自転車にぶつかりました。

軽乗用車はそのまま走行を続け左側の歩道に乗り上げて別の自転車にぶつかり、交差点からおよそ50メートル離れた場所で乗用車に衝突して止まりました。

警察によりますとこの事故で、軽乗用車を運転していた登米市の64歳の女性が腕の骨を折る大けがをし、衝突された自転車や車に乗っていた30代から70代の4人が打撲などのけがをしたということです。

現場は、登米市役所から南におよそ1キロ離れた交通量の多い場所で、警察は、軽乗用車を運転していた女性から話を聞き、事故の詳しい状況や原因を調べています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20170606/4033071.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする