長野県坂城町坂城の用水路で見つかった西澤徳昭さん(24)の事件について

スポンサーリンク

2017年6月、長野県坂城町の用水路で遺体で発見された建設作業員の服や財布などが入ったカバンが20キロあまり離れた場所で見つかり、所持品などの一部から微量の血液反応が出たことが、警察への取材でわかりました。
警察は、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて死因などを調べています。

事件の内容

2017年6月1日、長野県坂城町坂城の農業用の用水路で、2017年3月から行方不明になっていた長野市の建設作業員、西澤徳昭さん(24)の遺体が見つかりました。

これまでの調べで、西澤さんは下着だけを身につけていて、死後、時間が経過しているとみられるということです。

その後の調べで、遺体が見つかった用水路から20キロあまり離れた長野市内の神社で西澤さんの服や財布などが入ったカバンが見つかり、所持品などの一部から微量の血液反応が出たことが、警察への取材でわかりました。

警察は、西澤さんが事件に巻き込まれた可能性もあるとみて死因などを詳しく調べています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする