江別市や苫小牧市のゴルフ場自動販売機の売上金盗難事件で澤野光治容疑者(52)が逮捕

スポンサーリンク

ゴルフ場だけで100台はやった。

江別市などのゴルフ場の自動販売機から現金を盗んだとして2017年5月、逮捕された男が「ゴルフ場の自動販売機だけで100台近くやった」と供述していることが警察への取材でわかりました。

男は工具で壊して料金箱ごと取り出す手口で盗みを繰り返していたということで警察が余罪を調べています。

事件の内容

2016年6月、北海道江別市と北海道苫小牧市のゴルフ場に設置された清涼飲料水の自動販売機から売り上げ金およそ4万円が盗まれているのが見つかり、警察は2017年5月、北海道札幌市白石区の会社員の澤野光治容疑者(52)を窃盗の疑いで逮捕しました。

その後の調べで、澤野容疑者は「この2年間にゴルフ場の自動販売機だけで100台近くやった。夜間は人気がなくやりやすかった」などと供述していることが警察への取材でわかりました。

被害にあった自動販売機の中には扉のカギが壊されないよう金属の部品で鍵穴を覆う防犯対策が行われていましたが、警察によりますと、澤野容疑者は扉を工具でくり抜いて壊し内側の料金箱ごと取り出す手口で盗みを繰り返していたということです。
道内のゴルフ場では、自動販売機荒らしの被害が各地から寄せられていて、警察が余罪を調べています。

かなりの時間がかかりましたが犯人の逮捕ができて良かったです。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20170607/3937531.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする