愛知県豊橋市で行方がわからなくなっていた少女(16)が保護される。

スポンサーリンク

2017年6月27日、愛知県豊橋市で行方がわからなくなっていた16歳の女子高校生は豊橋市内の親族の会社で無事見つかりました。

女子生徒は「1人で来た」と話しているということで、警察は事件性はないと見ています。

事件の内容

愛知県豊橋市に住む16歳の高校1年の女子生徒は2017年6月2日の夜、自宅近くのコンビニエンスストアで1人で買い物をしている姿が店の防犯カメラの映像で確認されたのを最後に行方がわからなくなり、母親から警察に捜索願いが出されていました。

警察は5日、顔写真を公開するなどして行方を捜していましたが、6日午前0時ごろ、豊橋市内の親族が経営する会社の事務所に女子生徒が1人でいるのを別の親族が見つけました。

警察によりますと女子生徒はいなくなった時と同じ服装でけがはなく、「1人で来て、コンビニエンスストアで買ったものを食べていた」と話しているということで、警察は事件性はないと見ています。

警察は2日の夜以降の行動について、女子生徒からさらに話を聞くことにしています。

事件に巻き込まれていなくて本当に良かったです。少女の家出だったようで、数日間家に帰らなかった事に大きな悩みを抱えていそうです。親子ともに元気にがんばれるようになることを心より願っています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20170606/6495641.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする