北海道札幌市のすすきので、複数の男性がタクシーのボンネットをボコボコにするなどやりたい放題した事件

スポンサーリンク

事件の概要

北海道札幌市中央区の路上で、止まっているタクシーに突然4~5人の男性が囲み、ボンネットを叩くなどした器物損壊事件がありました。この一部始終をドライブレコーダーがとらえていました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000002-hokkaibunv-hok

事件の詳細

事件があったのは2017年5月12日午前6時40分ごろで、北海道札幌市中央区南6条西4丁目の路上です。

突然ふたりの男性が、止まっているタクシーのボンネットのうえに寝そべり、これを見たタクシー運転手が「(警察を)呼びますよ」と言ったところ、男性は挑発的な言葉を使いながらタクシーのボンネットを叩く行為に発展し、次第に仲間が集まり行為がエスカレートしていくというものでした。その後男性らは気がすんだのか運転手には危害を加えずに現場を立ち去ったということですが、警察は器物損壊事件として、男らの行方を追っています。

この事件の考察

明け方の札幌の”すすきの”で起きた事件で犯行グループは飲酒で酔っていた可能性が高いと思われ、タクシーの運転手が怪我をしなくて本当に良かったです。

かなり怖かったと思います。

普通乗用車であればドライブレコーダーなどは搭載していない車両も多いため、巻き込まれていたら証拠映像等もなく、犯人の足がかりを負う事もできません。
スマホで写真など撮ると逆切れされそうで、なにもできない気がします。

こういう事件を見ると、相手を刺激せずに証拠記録を残せるドラレコのありがたさを感じてしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする