岩手県紫波町でトラクターが農道から田んぼに転落し、農業の中田眞一さん(81)が死亡した事故

スポンサーリンク

事故の概要

平成29年4月3日午前11時半ごろ、岩手県紫波町でトラクターが農道から田んぼに転落する事故がありました。

この事故でトラクターを運転していたのは岩手県紫波町佐比内の農業の中田眞一さん(81)で、中田さんは転落した後に自分でトラクターを運転し、一度自宅に戻り、自分で救急車を呼び病院に搬送されたということです。

しかし事故の日の夜、容体が急変して内臓出血により死亡してしてしまったという事です。

トラックでの事故後にかなり我慢して、病院に行ったと思いますが、かなりの激痛を我慢しての対応だったと思われ、本当に痛ましい事故になってしまいました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

亡くなったのは紫波町佐比内の農業の中田眞一さん81歳です。

中田さんは3日午前11時半ごろ、自宅近くの農道でトラクターを運転中、誤っておよそ2メートル下の田んぼにトラクターごと転落しました。

中田さんは事故の後、トラクターを運転して自宅に戻り自分で消防に通報して病院に運ばれましたが、その後、容体が急変し、翌日4日午前0時すぎに胸を圧迫されたことによる内臓出血のため死亡しました。
トラクターが通った農道は中田さんの自宅から100メートルほど離れた田んぼ脇にあり、幅3.5メートルで舗装されていませんでした。

中田さんは農作業のため1人で家を出たということです。

警察は中田さんがトラクターの運転操作を誤ったとみて詳しい事故の原因を調べています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00010000-ibciwatev-l03

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする